爬虫両生類学会での発表

11月24日、25日と第56回日本爬虫両生類学会
(熊本大学)に出席してきました。当、研究室のメンバー
による発表は以下の6題でした。参加した学生たちは、
また一皮むけて成長したことでしょう。

口頭
亀崎直樹・藤林真・竹崎千尋 「岡山県の淡水ガメ類の分布」
金武修平(M1)・亀崎直樹「ミシシッピアカミミガメとクサガメの冬眠とその期間」
藤林真(M1)・吉田若菜・河津勲・亀崎直樹「カメ類6 種の幼体の隠伏行動」
金森さりい(B3)・亀崎直樹・見澤康充・西川完途・松井正文
「ヒダサンショウウオにみられた皮膚結節について」

ポスター
藤田浩輔(M2)・亀崎直樹「池のアカハライモリにおける個体レベルでのサイズ変化」
砂場千奈(B4)・藤林真・亀崎直樹「クサガメの生息がニホンイシガメに与える影響」

亀崎

OLYMPUS DIGITAL CAMERA