スナメリ ドローン調査

私たち、動物自然史研究室の活動を少し紹介します!

みなさん、ご存知でした?
瀬戸内海には「スナメリ」という小型鯨類が棲んでいるのです!すごいですよね~こんな身近にイルカの仲間を見ることができるなんて…

ただ、みなさんも水族館で見たことあると思います。イルカ!素早く動きますよね!水族館のような仕切られた環境での観察は容易いですが、海になるともう…
それに加えスナメリには、みなさんが思い描くようなイルカ特有の背びれがありません!どうやって観察しよう……?(´・・`)

今までは主に有人航空機や船からの目視調査が行われてきたそうです。
が!M1の若松さんはドローンという小型無人航空機を使って調査を行っています。

そうするとなんと!スナメリの全身の映像がきれいに撮影できるんですね~!!
(数秒ですが,皆さんにもぜひ見てもらいたいので載せときますね!)

優雅に泳ぐこの姿を見ると、やはり瀬戸内海に面する地域に住む私たちが率先し、スナメリの過ごしやすい環境を考えていかなければなりません。

ドローンによる撮影(撮影者:若松)

 

(大橋)