民俗学関係の雑誌”BIOSTORY 33号”

民俗学関係の雑誌”BIOSTORY 33号”が出版されました。この雑誌には「ウミガメと人」
という特集記事が組まれて、今までとは異なった視点でウミガメが論じられており、ウミガメの利用の歴史に関する論文が10数編掲載されています。当研究室からは昨年度まで大学院生だった藤林真がウミガメの剥製について、また亀崎直樹がウミガメと人類の関係の歴史的論考について執筆しています。是非、ご覧ください。