研究業績

学術著書

  • 亀崎直樹(監修) 2012 ウミガメの自然誌. 東京大学出版会.
  • 亀崎直樹(分担執筆) 2011 地球環境学事典. 総合地球環境学研究所編. 弘文堂.
  • 亀崎直樹(分担執筆) 2010 日高敏隆の口説き文句.岩波書店
  • 亀崎直樹(分担執筆) 2010 野生生物保護の事典.朝倉書店
  • 亀崎直樹 2007 現代を生きるための生物学の基礎. 化学同人
  • Kamezaki, N. 2003. What is a Loggerhead Turtle? The morphological perspective, “Loggerhead Sea Turtles” eds. A. Bolten and B. Witherington, Smithsonian Books, Washington, p. 28-43.
  • Kamezaki,N.,Y.Matsuzawa,O.Abe,H.Asakawa,T.Fujii,K.Goto,S.Hagino,M.Hayami,M.Ishii,T.Iwamoto,T.Kamata,H.Kato,J.Kodama,Y.Kondo,I.Miyawaki,K.Mizobuchi,Y.Nakamura,Y.Nakashima,H.Naruse,K.Omuta,M.Samejima,H.Suganuma,H.Takeshita,T.Tanaka,T.Toji,M.Uematsu,A.Yamamoto,T.Yamato and I.Wakabayashi 2003 Loggerhead Turtle Nesting in Japan.“Loggerhead Sea Turtles”eds.A.Bolten and B.Witherington,Smithsonian Books,Washington,p. 210-217.
  • 亀崎直樹(分担執筆)2000 日本動物誌4、イルカとウミガメ.岩波書店
  • 亀崎直樹. 2000 混迷するウミガメ保護の現場. p.106-107. 小原秀雄・太田英利・浦本昌紀・松井正文(編) 動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ(5)- 東南アジアの島々. 講談社, 東京.
  • 亀崎直樹. 2000 ヒラタウミガメ. p.107, p.217. 小原秀雄・太田英利・浦本昌紀・松井正文(編) 動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ(7)-オーストラリア、ニューギニア. 講談社, 東京.
  • 亀崎直樹. 2000 タイマイ. p.108-110, p.203-204. 小原秀雄・太田英利・浦本昌紀・松井正文(編) 動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ(5)- 東南アジアの島々. 講談社, 東京.
  • 亀崎直樹. 2000 アカウミガメ. p.110, p.218-219. 小原秀雄・太田英利・浦本昌紀・松井正文(編) 動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ(1)-ユーラシア、北アメリカ. 講談社, 東京.
  • 亀崎直樹. 2000 アオウミガメ. p.112-113, p.228-230. 小原秀雄・太田英利・浦本昌紀・松井正文(編) 動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ(6)-アフリカ. 講談社, 東京.
  • Suganuma, H., A. Yusuf, S. Tanaka, N. Kamezaki. 2000. Serious declines of nesting populations of the hawksbill turtle (Eretmochelys imbricata) in the Java Sea, Indonesia. In: Pilcher, N. J. ,Ismail, G. Editors, Sea Turtles of the Indo-Pacific: Research, Management and Conservation. Universiti Malaysia Sarawak. Published by ASEAN Academic Press, Ltd., London. 361 pp.;116-118
  • Mori,A.,H.Ota,and N.Kamezaki 1999 Foraging on sea turtle nesting beaches:Flexible foraging tactics by Dinodon semicarinatum (Serpentes:Colubridae).”Tropical Island Herpetofauna:Origin,Current Diversity,and Conservation”ed.H.Ota,Elsevier Science B. V., p. 99-128.
  • 亀崎直樹(分担執筆)1997 温暖化に追われる生き物達.築地書館.
  • 亀崎直樹(分担執筆)1997 レッドデータ兵庫の野生動物.神戸新聞総合出版センター.
  • 亀崎直樹 1997 日本産ウミガメ類の自然史に関する研究.京都大学博士学位論文(人間・環境学).
  • 亀崎直樹. 1996. カメ目. p.56-58. 日本動物大百科5(両生爬虫類). 平凡社, 東京.
  • 亀崎直樹. 1996c. 日本産ウミガメ類の自然史に関する研究. 京都大学, 京都. (博士論文).
  • 亀崎直樹(分担執筆)1996 野生動物救護ハンドブック‐日本産野生動物の取り扱い‐.野生動物救護ハンドブック編集委員会編.文永堂.279p.
  • 亀崎直樹(分担執筆)1995 プラスチックの海.海洋工学研究所出版部.302p.
  • 亀崎直樹(分担執筆)1994 日本のウミガメの産卵地.亀崎直樹・菅沼弘行・薮田慎司監修.日本ウミガメ協議会.127p.
  • 亀崎直樹(分担執筆)1994 ウミガメは減っているか~その保護と未来~.紀伊半島ウミガメ情報交換会・日本ウミガメ協議会.117p.
  • 亀崎直樹(分担執筆)1993 動物達の地球100:両生類・爬虫類4.朝日新聞社.
  • Kamezaki,N.1989 The Nesting of Sea Turtles in the Ryukyu Archipelago and Taiwan Main Islands.In “Current Herpetology in East Asia”.ed.by M.Matsui et al.The Herpetological Society of Japan.p.342-348.
  • 亀崎直樹(分担執筆)1988 ウミガメ類.サンゴ礁域の増養殖,諸喜田茂充編,緑書房:288-299.
  • 亀崎直樹(分担執筆)1987 八重山群島におけるウミガメ類の産卵.八重山文化論叢,喜舎場永殉生誕百年記念事業期成会,367-389.

論文

  • Yoshikawa, N., N. Kamezaki, I. Kawazu, S. Hirai, S. Taguchi. 2016. Stock Origin of the Leatherback Turtles (Dermochelys coriacea) Found in the Vicinity of Japan Revealed by mtDNA Haplotypes. Current Herpetology 35(2):115-121
  • Matsuzawa, Y., N. Kamezaki, T. Ishihara, K. Omuta, H. Takeshita, K. Goto, T. Arata, H. Honda, K. Kameda, Y. Kashima, M. Kayo, I. Kawazu, J. Kodama, Y. Kumazawa, K. Kuroyanagi, K. Mizobuchi, K. Mizuno, K. Oki, K. K. Watanabe, A. Yamamoto,Y. Yamashita, T. Yamato, T. Hamabata, A. Ishizaki, P. H. Dutton. 2016. Fine-scale genetic population structure of loggerhead turtles in the Northwest Pacific. Endangered Species Res. 30: 83-93.
  • 亀崎直樹. 2015. 日本の淡水ガメ,特にミシシッピアカミミガメに関する問題について.  爬虫両棲類学会報2015(2):123-133.
  • 上野真太郎・亀崎直樹. 2015.  カメ類の交雑問題. 爬虫両棲類学会報2015(2):158-167.
  • 谷口真理・上野真太郎・三根佳奈子・亀崎直樹. 2015.  西日本のため池における淡水性カメ類の分布と密度.  爬虫両棲類学会報2015(2):145-157.
  • Hamabata, T., T. Hikida, K. Okamoto, S. Watanabe, and N. Kamezaki.2015.  Ontogenetic habitat shifts of green turtles (Chelonia mydas) suggested by the sizemodality in foraging aggregations along the coasts of the western Japanese main islands. Journal of Experimental Marine Biology and Ecology 463 (2015) 181–188.
  • 渡辺紗綾・河野希和・亀崎直樹.2014.ツラナガコビトザメの定置網への大量混入.南紀生物 56(2):151-152.
  • Shimada, T., S. Aoki, K. Kameda, J. Hazel, K. Reich, N. Kamezaki. 2014. Site fidelity, ontogenetic shift and diet composition of green turtles Chelonia mydas in Japan inferred from stable isotope analysis. Endangered Species Research 25:151-164.
  • Nagashima, H., M. Shibata, M. Taniguchi, S. Ueno, N. Kamezaki and N. Sato. 2014. Comparative study of the shell development of hard and soft-shelled turtles. J. Anat. 225:60-70.
  • Hirasawa, T., J. Pascual-Anaya, N. Kamezaki, M. Taniguchi, K. Mine, and S. Kuratani. 2014. The evolutionary origin of the turtle shell and its dependance on the axial arrest of the embryonic rib cage. J. Exp. Zool. (Mol. Dev. Evol.)9999B:1-14.
  • Hamabata, T., N. Kamezaki, T. Hikida. 2014. Genetic structure of green turtle (Chelonia mydas) peripheral populations nesting in the northwestern Pacific rookeries: evidence for northern refugia and postglacial colonization. Marine Biology 161(3):495-507.
  • Okamoto, K. and N. Kamezaki. 2014. Morphological variation in Chelonia mydas (Linnaeus, 1758) from the coastal waters of Japan, with special reference to the turtles allied to Chelonia mydas agassizii Bocourt, 1868. Current Herpetology 33(1): 46-56.
  • 門多真弥・古田圭介・亀崎直樹・古池若葉・大矢大. 2013. 水族園来園者のパーソナリティとイルカイメージの検討―Dolphin Assisted Therapy (DAT)・Dolphin Assisted Activity (DAA)への健常者を対象にした基礎研究―.発達教育学研究, 7:49-58.
  • 亀田和成・若月元樹・亀崎直樹 2013 八重山諸島黒島の摂餌海域におけるアオウミガメの個体群構造と成長速度. 沖縄生物学会誌(51):93-100.
  • 中村清美・毛塚千穂・亀崎直樹 2013 神戸港に迷入したハナゴンドウの1例.南紀生物、55(1):88-89.
  • 亀崎直樹 2013 水族館での生物、特にイルカとのふれあい.ヒトと動物の関係学会誌、35:28-31.
  • 谷口真理・三根佳奈子・亀崎直樹 2013 西日本に生息するミシシッピアカミミガメの雌の成熟サイズと産卵期. 爬虫両棲類学会報、2013(2):86-91.
  • 門多真弥・古田圭介・亀崎直樹・古池若菜・大矢大 2013 水族園来園者のパーソナリティとイルカイメージの検討. 京都女子大学発達教育学研究、7:49-58.
  • Nishizawa, H., M. Asahara, N. Kamezaki. 2013. Ontogenetic Scaling of the Humerus in Sea Turtles and Its Implications for Locomotion. Zoological Science 30: 211–216.
  • 亀崎直樹 2012 高校教育・理科教育・生物教育に思うこと. 兵庫生会誌、36:2-6.
  • 佐藤亜紀・亀崎直樹 2012 高知県甲浦で採集されたクレナイヤドカリテッポウエビ. 南紀生物、54(2):159.
  • Hamabata, T., N. Kamezaki, T. Hikida. 2012. Genetic structure of marginal populations of green turtles nesting in the northwestern Pacific Ocean. Frontiers in Biogeography 4:86
  • 谷口真理・亀崎直樹 2011 日本におけるミシシッピアカミミガメの飼育と定着:須磨海浜水族園に持ち込まれた個体の分析から. 爬虫両棲類学会報、2011(2):169-177.
  • Ishihara, T., N. Kamezaki, Y. Matsuzawa, F. Iwamoto, T. Oshika, Y. Miyagata, C. Ebisui, S. Yamashita. 2011. Reentry of juvenile and subadult loggerhead turtles into natal waters of Japan. Current Herp. 30(1): 63-68.
  • 谷口真理・亀崎直樹 2011 熊野灘に出現するウミガメ類. 南紀生物53(1): 65-67.
  • Watanabe, K., H. Hatase, M. Kinoshita, K. Omuta, T. Bando, N. Kamezaki, K. Sato, Y. Matsuzawa, K. Goto, Y. Nakashima, H. Takeshita, J. Aoyama, K. Tsukamoto. 2011. Population structure of the loggerhead turtle Caretta caretta, a large marine carnivore that exhibits alternative foraging behaviors. Mar Ecol Prog Ser Vol. 424: 273-283.
  • 谷口真理・亀崎直樹 2010 大阪平野淀川支流の船橋川に生息するカメ類.爬虫両棲類学会報,2010(2):105-110.
  • Kobayashi, D. R., I. J. Cheng, D. M. Parker, J. J. Polovina, N. Kamezaki, and G. H. Balazs. 2011. Loggerhead turtle (Caretta caretta) movement off the coast of Taiwan: characterization of a hotspot in the East China Sea and investigation of mesoscale eddies. ICES Journal of Marine Science 68:707-718.
  • Nishizawa, H., M. Asahara, N. Kamezaki, and N. Arai 2010. Differences in the Skull Morphology between Juvenile and Adult Green Turtles: Implications for the Ontogenetic Diet Shift. Current Herpetology 29(2): 97–101.
  • Hamabata, T., S. Nishida, N. Kamezaki, and H. Koike. 2009. Genetic structure of population of the green turtle in Japan. Bull. Grad. Sch. Soc. Cul. St. Kyushu Univ. 15:35-50.
  • Chaloupka, M., N. Kamezaki, and C. Limpus 2008 Is climate change affecting the population dynamics of the endangered Pacific loggerhead sea turtle? Journal of Experimental Marine Biology and Ecology 356: 136–143.
  • Kobayashi, D. R., J. J. Polovina, D. Parker, N. Kamezaki, I-J. Cheng, I. Uchida , P. H. Dutton, and G. H. Balazs. 2008 Pelagic habitat characterization of loggerhead sea turtles, Caretta caretta, in the North Pacific Ocean (1997–2006): Insights from satellite tag tracking and remotely sensed data. Journal of Experimental Marine Biology and Ecology 356: 96–114.
  • Otsuka, S., M. Suzuki, N. Kamezaki, T. Shima, M. Wakatsuki, Y. Kon, and N. Ohtaishi. 2008 Growth-Related Changes in Histology and Immunolocalization of Steroid Hormone Receptors in Gonads of the Immature Male Green Turtle (Chelonia mydas). Journal of Experimental Zoology 309A:166-174.
  • Nakata, F., K. Kuroyanagi, N. Kamezaki, and T. Amakawa. 2006. An electrophysiological study on the sea turtle vision. Comparative Biochemistry and Physiology B-Biochemistry & Molecular Biology, 145(3-4):420-421.
  • 亀崎直樹 2003. ウミガメからみた沿岸域、特に砂浜海岸の現状と未来. 沿岸域 16(1): 45-53.
  • 亀崎直樹・太田英利 2002 八重山諸島鳩間島からのミナミヤモリの初記録.AKAMATA(16):5.
  • Kamezaki, N., K. Oki, K. Mizuno, T. Toji, and O. Doi. 2002. First nesting record of the leatherback turtle, Dermochelys coriacea, in Japan. Current Herpetology 21(2): 95-97.
  • 太田英利・菊川章・亀崎直樹 2002. 沖縄のウミガメはどんな砂浜が好きか. 重回帰分析によるアプローチ. 海中公園情報 134: 3-7.
  • Hatase, H., M. Kinoshita, T. Bando, N. Kamezaki, K. Sato, Y. Matsuzawa, K. Goto, K. Omuta, Y. Nakashima, H. Takeshita, and W. Sakamoto. 2002. Population structure of loggerhead turtles, Caretta caretta, nesting in Japan: bottlenecks on the Pacific population. Marine Biology 141: 299-305.
  • 亀崎直樹・服部正策・鈴木博 2001. 奄美諸島・加計呂麻島におけるタイマイ繁殖の初記録. 爬虫両棲類学会報, 2001(1): 16-17.
  • Sakai, H., K. Saeki, H. Ichihashi, N. Kamezaki, S. Tanabe, and R. Tatsukawa. 2000. Growth related changes in heavy metal accumulation in green turtle (Chelonia mydas) from Yaeyama Islands, Okinawa, Japan. Archives of Environmental Contamination and Toxicology, 39(3):378-385.
  • Kikukawa, A., N. Kamezaki, and H. Ota. 1999 Current status of the sea turtles nesting on Okinawajima and adjacent islands of the central Ryukyus, Japan. Biological Conservation 87: 149-153.
  • Kikukawa, A., N. Kamezaki, and H. Ota. 1999 Facters affecting nesting beach selection by the sea turtles: A multiple regression approach. Journal of Zoology 249: 447-454.
  • Suganuma, H., N. Kamezaki, and Akil Yusuf. 1999 Current status of nesting populations of the hawksbill turtle (Eretmochelys imbricata) in the Jawa Sea, Indonesia. Chelonian Conservation and Biology 3(2): 337-343.
  • Resendiz, A., B. Resendiz, W. J. Nicholls, J. A. Seminoff, and N. Kamezaki. 1998 First confirmed east-west transpacific movement of a loggerhead sea turtle, Caretta caretta, released in Baja California, Mexico. Pacific Science 52: 151-153.
  • 亀崎直樹・宮脇逸朗・菅沼弘行・大牟田一美・中島義人・後藤清・佐藤克文・松沢慶将・鮫島正道・石井正敏・岩本俊孝 1997. 日本産アカウミガメ(Caretta caretta)の産卵後の回遊. 野生生物保護3(1): 29-39.
  • Kamezaki, N. and M. Matsui. 1997 Allometry in the loggerhead turtle, Caretta caretta. Chelonian Conservation and Biology 2(3): 421-425.
  • Kikukawa, A., N. Kamezaki, K. Hirate, and H. Ota. 1996 Distribution of nesting sites of sea turtles in Okinawajima and adjacent islands of the central Ryukyus, Japan. Chelonian Conservation and Biology, 2(1): 99-101.
  • Bowen, B. W., F. A. Abreu-Grobois, G. H. Balazs, N. Kamezaki, C. J. Limpus, and R. J. Ferl. 1995 Trans-Pacific migrations of the loggerhead turtle (Caretta caretta) demonstrated with mitochondrial DNA markers. Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 92: 3731-3734.
  • 亀崎直樹・平手康市・重井明男 1995. 八重山海域におけるアオウミガメの成長例. AKAMATA. 11: 27-28.
  • 通事太一郎・庄山守・亀崎直樹 1994. 西表島における爬虫類、鳥類、哺乳類の路上死体の記録. 沖縄生物学会誌, 32: 43-48.
  • Bowen, B. W., N. Kamezaki, C. J. Limpus, G. R. Hughes, A. B. Meylan, and J. C. Avise. 1994 Global phylogeography of the loggerhead turtle (Caretta caretta) as Indicated by mitochondrial DNA haplotypes. Evolution, 48(6): 1820-1828.
  • Kamezaki, N. and K. Hirate. 1992 Size composition and migratory cases of hawksbill turtles, Eretmochelys imbricata, inhabiting the waters of the Yaeyama Islands, Ryukyu Archipelago. Jap. J. Herpetol.14(4):166-169.
  • Ota, H., N. Kamezaki, T. Hikida, M. Matsui, A. Mori, T. Hayashi, and S. Tanabe. 1991 Karyotype of Achalinus spinalis from Japan: The first karyological description of a xenodermine snake (Colubridae). Jap. J. Herpetol. 14(1): 12-14.
  • 亀崎直樹 1991 琉球列島におけるウミガメ類の産卵場の分布とその評価(予報). 沖縄生物学会誌, 29: 29-35.
  • Kamezaki N. 1990 Karyotype of hawksbill turtle, Eretmochelys imbricata, from Japan, with notes on a method for preparation of chromosomes from liver cells. Jap. J. Herpetol. 13(4):111-113.
  • Kamezaki, N. 1989 Karyotype of the Loggerhead Turtle, Caretta caretta, from Japan. Zoological Science, 6:421-422.
  • Kamezaki, N. 1987 Recapture of the Hawksbill Turtle, Eretmochelys imbricata (LINNE), in the Yaeyama Islands, Ryukyu Archipelago. Galaxea, 6:17-20.
  • 亀崎由美子・亀崎直樹 1986 クレナイヤドカリテッポウエビ Aretopsis amabilis De Man の生態に関する知見. 南紀生物, 28: 11-15.
  • 亀崎直樹・横地洋之. 1986 西表島におけるタイマイの幼体の打ち上げ. AKAMATA, 3: 9-10.
  • Kamezaki, N. 1986 Notes on the Nesting of the Sea Turtles in the Yaeyama Group, Ryukyu Archipelago. Jap. J. Herpetol.,11(3):152-155.
  • Ota, H., H. Takahashi, and N. Kamezaki. 1985 On the specimens of yellow lipped sea krait, Laticauda colubrina from the Yaeyama Growp, Ryukyu Archipelago. The Snake, 17: 156-159.
  • 亀崎由美子・亀崎直樹 1985 八重山群島黒島のヤドカリ類. 南紀生物, 27: 91-94.
  • 亀崎直樹 1985 八重山群島新城島におけるタイマイの産卵場の新記録. 沖縄生物学会誌,23: 41-42.
  • Teshima S., A. Kanazawa, N. Kamezaki, and H. Hirata. 1981 Fatty acid and sterol components of the rotifers cultured by a feedback system. Bull. Jap. J. Fish. 47(4): 515-521.
  • Teshima S., A. Kanazawa, N. Kamezaki, and H. Hirata. 1979 Sterols of rotifer. Bull. Jap. J. Fish. 45(12): 1495-1501.

会議録

  • Kamezaki, N. and M. Matsui. 1998 Morphological comparisons in skulls of loggerhead turtle, Caretta caretta, among three rookeries of Australia, Florida and Japan. Proceedings of 18th International Sea Turtle Symposium. p.86-87.

総説

  • 松沢慶将・亀崎直樹. 2008. ウミガメ類におけるマーキング法 (特集 両生類・爬虫類におけるマーキング法) . 爬虫両棲類学会報 2008(2): 133-137.
  • Kamezaki, N. and M. Matsui. 1997 A Review of Biological Studies of Sea Turtles in Japan. Jap. J. Herpetol. 17(1): 16-32.
  • 亀崎直樹・松井正文 1997. 日本におけるウミガメ類の生物学的研究. 沖縄生物学会誌, 35:1-18.

その他

  • 岡本慶・大内裕貴・石原孝・亀崎直樹. 2012. アカウミガメとアオウミガメの形態形質からの標準直甲長の推定. うみがめニュースレター (91): 8-12.
  • 岡本慶・石原孝・谷口真理・山下訓右・亀崎直樹. 2011. 熊野灘沿岸に出現するウミガメ類. うみがめニュースレター (88): 13-18.
  • 森阪匡通・酒井麻衣・小木万布・久保田信・亀崎直樹. 2011. 伊豆諸島御蔵島周辺海域で観察されたアオウミガメによるクラゲ捕食. うみがめニュースレター (89): 15-16.
  • 大内裕貴・大牟田一美・亀崎直樹. 2011. 産卵シーズン初期の上陸回数からシーズン全体の上陸および産卵回数を推定する試み. うみがめニュースレター (88): 19-21.
  • 小林万里・亀崎直樹. 2008. 北海道沿岸におけるウミガメの記録. うみがめニュースレター (77): 10-13.
  • 仲村貴生・大鹿達弥・宮形佳孝・島達也・亀崎直樹・石原孝. 2007. 大阪湾・播磨灘で見られたウミガメ類の出現記録. うみがめニュースレター (72): 12-14.
  • 中田史子・尼川大作・黒柳賢治・亀崎直樹・島達也. 2005. アカウミガメにおける視覚応答実験. うみがめニュースレター (64): 14-21.
  • 亀崎直樹 2004 地球に生きる 地球温暖化とウミガメ. 東京都公園協会『緑と水のひろば』夏号、2-3.
  • 斉藤勝司(取材・文) 2004 Key Person. 亀崎直樹インタビュー. 謎多いウミガメの生態に迫り科学的な保護を提唱する. ハペトロジー2:79-85.
  • 亀崎直樹 2003 ウミガメ保護と今後の浜辺の集落のあり方. Ship & Ocean Newsletter (62):2-3.
  • 太田英利・菊川章・亀崎直樹. 2002. 沖縄のウミガメはどんな浜が好きか重回帰分析によるアプローチ. 海中公園情報 (134): 3-7.
  • 小久保信一・亀崎直樹. 2001. ナチュラルヒストリーノート 渥美で見られた奇形卵のみの産卵例. うみがめニュースレター (49): 27
  • 黒柳賢治・亀崎直樹・小林雅人. 2001. 飼育下で育ったアオウミガメの自然環境下での行動追跡. うみがめニュースレター (48): 13.
  • 松沢慶将・宮形住孝・亀崎直樹. 2001. 東京湾内の人工渚におけるアカウミガメ上陸の初記録. うみがめニュースレター (50): 21.
  • 稲谷和則・笹川二成・亀崎直樹. 2001. 種子島長浜海岸のアカウミガメの上陸・産卵状況と上陸密度に関する若干の考察. うみがめニュースレター (50): 8-13.
  • 亀崎直樹・黒柳賢治 2000 ウミガメを教材として使う教育活動とその際の注意事項. うみがめニュ−スレタ−,44: 7-10.
  • 近藤鉄也・亀崎直樹. 2000. 西表島におけるアオウミガメの交尾観察例(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター (45): 11.
  • 亀崎直樹 2000 「アカウミガメ上陸調査」の歴史について. 徳島県ネイチャー通信11: 5
  • 宮脇逸朗・亀崎直樹・Steve KOLINSKI. 2000. ヤップ諸島から高知室戸へのアオウミガメの回遊例(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター (45): 13.
  • 亀崎直樹 1999 アカウミガメの産卵場としての熊本県の位置付け. 熊本県のアカウミガメ、熊本県.
  • 亀崎直樹 1999 民族博物誌65:アカウミガメ. 月刊みんぱく,1999(10):20-21.
  • 亀崎直樹 1999 スラウェシ島ウジュンパンダンにあったヒメウミガメの剥製. うみがめニュ−スレタ−,40: 17.
  • 田中真一・アキルユスフ・亀崎直樹・菅沼弘行 1999 インドネシア、ジャワ海におけるウミガメの保護活動. うみがめニュ−スレタ−,41: 3-7.
  • 亀崎直樹・大牟田一美・田中幸記 1999 屋久島前浜に上陸した種を判別できないウミガメについて. うみがめニュ−スレタ−,41: 8-11.
  • 亀崎直樹・栃本武良・井口利枝子. 1999. 大阪湾およびその周辺におけるアカウミガメ産卵の記録. うみがめニュースレター 42:8-9.
  • 杉山重実・大牟田一美・亀崎直樹. 1999. 屋久島産アカウミガメのふ化幼体に挿入した体内標識の認識記号の目録(1999年). うみがめニュースレター (42): 10.
  • 亀崎直樹 1999 ウミガメ運命ゲームとその遊び方. うみがめニュ−スレタ−,42: 14-17
  • 岡崎和彦・亀崎直樹. 1999. 遠州灘海岸で泳ぐウミガメ幼体を発見(ナチュラルヒストリーノート). うみがめニュースレター (42): 18.
  • 亀崎直樹・小守桃代・堀越和夫 1998 飼育環境下でのタイマイの成長例. うみがめニュ−スレタ−,37: 7-11.
  • 亀崎直樹・黒柳賢治・杉山重実 1998 ウミガメ類幼体への体内標識挿入の試み. うみがめニュ−スレタ−,36: 10-12.
  • 黒柳賢治・亀崎直樹 1998 放流後10年経過して再捕されたタイマイ. うみがめニュ−スレタ−,37: 11-12.
  • 亀崎直樹. 1998. 第8回日本ウミガメ会議の報告. うみがめニュースレター (35): 3.
  • 黒柳賢治・亀崎直樹・大池辰也・大牟田一美. 1998. 体内標識を挿入したウミガメの放流リスト. うみがめニュースレター (36): 13.
  • 大牟田一美・亀崎直樹. 1998. 第9回日本ウミガメ会議(屋久島会議)の案内(第一回). うみがめニュースレター (37): 17.
  • 亀崎直樹(分担執筆)1998 沖縄県天然記念物調査シリーズ第38集. ウミガメ類生息実態調査報告書2. 沖縄県教育委員会. 95p.
  • 亀崎直樹 1998 アカウミガメ. Super Aquarium(鳥羽水族館), (25): 14-15.
  • 亀崎直樹 1997 日本のアカウミガメの生活を探る. 人環フォーラム/京都大学大学院人間・環境学研究科(3): 30-31.
  • 亀崎直樹 1997 宮古島城辺町におけるウミガメの産卵. うみがめの故郷ぐすくべ(城辺町教育委員会ウミガメ調査報告書)、52-58.
  • 亀崎直樹・横地洋之・浅井康行 1997 西表島近海におけるタイマイの成長例. うみがめニュ−スレタ−,33: 6.
  • 野村恵一・三宅貞祥・亀崎直樹 1997. 日本産オニヤドカリ属の再検討および分布. I.O.P. Diving News, 8(1): 2-7.
  • 亀崎直樹 1996 プラスチックは便利だけれど: 第7回、ウミガメに対する影響. 私たちの自然377:12-14.
  • 亀崎直樹. 1996a. ハワイで開催された太平洋ウミガメ類の現況検討会議について. うみがめニュースレター (28): 5.
  • 亀崎直樹・中島義人・石井正敏 1996 速報: 宮崎堀之内海岸で孵化したアカウミガメとアオウミガメの雑種. うみがめニュ−スレタ−,30: 7-9.
  • 菊川章・亀崎直樹・平手康市・中山愛子・太田英利 1996 沖縄島とその周辺離島におけるウミガメ類の産卵場の分布. うみがめニュ−スレタ−,30: 3-6.
  • 佐渡山安公・亀崎直樹・宮脇逸朗 1996 宮古島で産卵したアカウミガメのベトナム海域での再捕例. うみがめニュ−スレタ−,29: 9.
  • 亀崎直樹. 1996 西太平洋海域におけるウミガメ類の生態と保全. ”シンポジウム: 屋嘉比島を中心とした慶良間諸島の動物相とその保全”. 太田英利・伊澤雅子監修. 沖縄島嶼研究 (14): 1-22.
  • 亀崎直樹(分担執筆) 1996 沖縄県天然記念物調査シリーズ第36集. ウミガメ類生息実態調査報告書1. 沖縄県教育委員会. 75p.
  • 亀崎直樹・大牟田一美・大牟田幸久・佐藤文宏・谷崎樹生・宮平秀幸・福永純子 1995 南西諸島におけるヒメウミガメの漂着3例. うみがめニュ−スレタ−,24: 6.
  • 亀崎直樹 1994 タイマイ. 日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料(I). IV. 両生類・爬虫類. 水産庁: 479-491.
  • 亀崎直樹 1994 オサガメ. 日本の希少な野生水生生物に関する基礎資料(I). IV. 両生類・爬虫類. 水産庁: 519-530.
  • 亀崎直樹 1994 ウミガメ類の消化管から出現するプラスチックゴミに関する定量的情報のまとめ. うみがめニュースレター (22):9-14.
  • 平手康市・亀崎直樹. 1994. アオウミガメとタイマイの雑種について. うみがめニュースレター (20): 20.
  • 亀崎直樹. 1994. オーストラリア、ヘロン島とモンレポスのウミガメ産卵場見学. うみがめニュースレター (20): 6.
  • 亀崎直樹・後藤清・松沢慶将・中島義人・大牟田一美・佐藤克文 1994 日本で産卵するアカウミガメのサイズ. うみがめニュ−スレタ−,26: 12-13.
  • 加藤弘・小林時美・亀崎直樹 1994 遠州灘海岸浜名湖以西の後背景観の写真記録(1994年). うみがめニュ−スレタ−,25: 16.
  • 亀崎直樹 1993 屋嘉比島を中心とした慶良間諸島のウミガメ類の産卵状況調査.みどりいし,4:4-7.
  • 加藤弘・西土浩史・牧野伸一・亀崎直樹 1993 遠州灘海岸浜名湖以西区のアカウミガメの上陸・産卵(1992年)と環境との関係. うみがめニュ−スレタ−,16: 7-10.
  • 亀崎直樹・中西聡明・玉置照夫 1993. クロガシラウミヘビの捕食行動の1例. I.O.P. Diving News, 4(7): 2-3.
  • 亀崎直樹. 1993. タイマイ問題と土井氏の会議の雑感に対してのコメント. うみがめニュースレター (16): 21.
  • 宮脇逸朗・亀崎直樹. 1993. 第3回日本ウミガメ会議・ラウンドテ-ブルの報告: 統一標識実験の経過の確認と今後の方針. うみがめニュースレター (15): 25-26.
  • 亀崎直樹(分担執筆) 1992 八重山諸島における海洋動物繁殖地等の保全対策検討調査報告書. 環境庁自然保護局
  • 亀崎直樹 1992 孵化後飼育したウミガメ類の標識放流調査. うみがめニュ−スレタ−,13: 12-14.
  • 亀崎直樹 1991 南西諸島で産卵するウミガメを追って.野生生物,21(5):2-7.
  • 亀崎直樹・黒柳賢治 1991 日本産アカウミガメのTSD. うみがめニュ−スレタ−,7: 8-10.
  • 亀崎直樹 1991 南西諸島で産卵するウミガメを追って.野生生物,21(5):2-7.
  • 亀崎直樹・黒柳賢治 1991 日本産アカウミガメのTSD. うみがめニュ−スレタ−,7: 8-10.
  • 亀崎直樹 1991 南西諸島で産卵するウミガメを追って.野生生物,21(5):2-7.
  • 中島義人・亀崎直樹・菅沼弘行. 1991. 第2回日本ウミガメ会議の報告. うみがめニュースレター (11): 16-18.
  • 亀崎直樹 1987 石西礁湖海域のイシサンゴ類およびオニヒトデの動態(1983-86年). 海中公園情報(74): 12-17.
  • 亀崎直樹 1986 ウミガメの産卵跡及び卵から産卵種を決定する方法. エコロケ−ション(南知多生物研究会会報),6(3):3-4.
  • 亀崎直樹 1985 アカウミガメとタイマイの雑種. エコロケ−ション(南知多生物研究会会報),6(1/2):3-4/5-6.
  • 亀崎直樹 1984 八重山列島における造礁サンゴ類の白化現象. 海中公園情報,(61): 10-13.
  • 亀崎直樹 1984 八重山列島近海産タイマイの食性. エコロケ−ション(南知多生物研究会会報),5(1): 9-10.
  • 亀崎直樹 1984 ウミガメの卵を食害するシロスジコガネの幼虫について. エコロケ−ション(南知多生物研究会会報),4(1):3-4.
  • 亀崎直樹 1983 渥美半島南西海岸におけるアカウミガメの産卵の現状. エコロケ−ション(南知多生物研究会会報),3(3): 1-4.
  • 亀崎直樹 1983 ウミガメの卵の人工ふ化について. エコロケ−ション(南知多生物研究会会報),3(4): 1-2.
  • 亀崎直樹 1982 アカウミガメふ化晩期における稚ガメの漂着例. エコロケ−ション(南知多生物研究報),3(2):3-2.
  • 亀崎直樹 1982 オサガメの捕獲. エコロケ−ション(南知多生物研究会会報),2(4): 1-2.
  • 亀崎直樹 1981 アカウミガメの産卵−飼育環境下での産卵と愛知県の現状−. エコロケ−ション(南知多生物研究会会報),2(3):1-3.